ホーム株主・投資家情報 > 社長メッセージ

社長メッセージ

株主の皆様には、平素より格別のご高配を賜り厚くお礼申し上げます。

さて、当社第115 期の営業の概要等につきましてご報告申し上げます。

当期における当社グループを取り巻く環境につきましては、国内市場、欧州・米国市場とも堅調を維持し、中国市場は好調が続いております。

このようななか、当社グループは従来の業種に加え、自動車部品関連向けの拡販に注力した結果、売上高は、前期比40.3%増の57,576 百万円となりました。
国内売上は前期比23.0%増の12,670 百万円、海外売上は同46.1%増の44,905 百万円となり、海外比率は前期の74.9%から3.1%上昇し、78.0%となりました。

また、機種別の売上では、主力の自動旋盤は前期比40.1%増の47,949 百万円、研削盤は同26.7%増の4,221 百万円、マシニングセンタは同46.1%減の269 百万円、転造盤・専用機は同76.1%増の4,795 百万円となりました。

利益面につきましては、営業利益は前期比125.1%増の6,942 百万円、経常利益は同128.5%増の6,510 百万円、親会社株主に帰属する当期純利益は同58.5%増の4,171 百万円となりました。

なお、2018 年3 月期の剰余金の配当につきましては、1 株につき中間配当金9 円、期末配当金9 円の年間18 円とさせていただきました。
また、2019 年3 月期の剰余金の配当につきましては、1 株につき中間配当金9 円、期末配当金9 円の年間18 円とさせていただく予定であります。

引き続き売上の拡大と生産の効率化・原価低減を図るとともに、お客様のニーズに合致した新製品の提供とサービスの充実に努め、常に顧客満足度の向上を目指し、お客様に信頼される経営に全力で取り組んでまいります。

株主の皆様におかれましては、今後ともより一層のご支援とご鞭撻を賜りますようお願い申し上げます。
 
2018年6月
代表取締役 CEO 西 嶋 尚 生
ページの先頭へ戻る
製品情報 サポート
企業情報
採用情報 ニュース